UMIDIGI記事一覧

【UMIDIGI X】人気上昇中のUMIDIGIスマホの修理も対応中!

2020年3月7日

近年、「HUAWEI」「OPPO」「Xiaomi」など中国メーカーのスマホが続々と登場する中、「UMIDIGI」というメーカーのスマホの人気も上昇しています。

YouTubeなどでのレビューもたくさん公開されているので、購入前にある程度の情報を得ることが出来るようになりました。

 

今回は「UMIDIGI X」の修理事例をご紹介します。

UMIDIGI X 分解

メーカー問わず故障リスクのあるスマホ

現在は大変多くの方がスマホを使っています。

会社からもスマホが貸与・支給されることもあることから、1人1台以上所有されている方も珍しくありません。

しかし、スマホを使っている以上故障のリスクは常について回ります。

故障の内容は様々で「画面割れ」や「バッテリー劣化」、「充電トラブル」など多岐にわたります。

なかでも「水濡れ」や「水没」に関する故障はとても多いです。

 

水没したスマホの復旧作業は早ければ早いほど良い?!

スマホを水没させてしまう場所は「トイレ」「お風呂」「キッチン」など、水場であれば水没のリスクはあります。

スマホに水がかかってしまったり、あるいは水に浸けてしまった時すぐにスマホが使えなくなってしまうよりも、数時間から数日後に症状が出ることが多いです。

端末内部に入り込んだ水が基盤を腐食し始めると画面が映らなくなってしまったり、画面は表示されるものの操作が出来なくなってしまっていたり、突然電源が落ちてしまったりと様々な症状が考えられます。

症状がひどいと電源すら入らなくなってしまうということも考えられます。

そのため、水没後はなるべく早く内部の水を取り除き、状況に応じて洗浄をしなければいけません。

もちろんスマホなどの機械の分解が苦手な方もいらっしゃいますし、専用工具がすぐに手に入るとも限りません。

そのため水没後は早めに修理店に依頼されることをおすすめします。

 

UMIDIGIの水没復旧修理

今回ご依頼いただいたUMIDIGI Xは受付時の状態は、電源は入りましたが、画面が異常に暗いという状態でした。

作業内容としては基盤の洗浄、画面パーツのコネクタ類の洗浄を行い、無事画面がしっかりと表示されるようになりました。

今回の様に、電源は入るものの液晶表示や明るさに異常が出るということは少なくありません。

画面に限らず、ボタン類の効きが悪くなってしまうということもあります。

今回は水没後、早めに修理のご依頼をいただけたので復旧しましたが遅くなればその分復旧率も下がる傾向にあります。

UMIDIGIに限らず、スマホが水没してしまったり水をかけてしまって何か異常が出てしまったらお気軽に当店までお問い合わせください。

 

UMIDIGIに限らず修理のご依頼は郵送(配送)修理も承っています

郵送修理申し込みフォーム

↓↓UMIDIGI修理の記事一覧はコチラ↓↓

【UMIDIGI修理記事一覧】

 

-UMIDIGI記事一覧

Copyright© iPhone修理/iPad修理は関内駅チカ「スマテックラボ」横浜関内店で即日修理! , 2020 All Rights Reserved.