UMIDIGI情報

UMIDIGIが故障してしまった時、修理と購入のどちらがいいの?

最近YouTubeなどでレビュー動画がたくさんあがっていたりと人気上昇中のUMIDIGIですが、当店にも修理のご相談やご依頼をいただいています。しかし、UMIDIGIは低価格帯のスマホが多いため、修理をしたほうが良いのか、新しく購入してしまったほうが良いのか悩みどころだと思います。

実際に当店にUMIDIGIスマホのご相談をいただく内容の多くが「買ってしまったほうがいいのか修理したほうがいいのか」という内容です。

今回の記事は上記のようにUMIDIGIのスマホが故障してしまって、修理をした方が良いのか新しく購入した方がいいのか、悩んでいる方向けの記事となります。

UMIDIGIは本体価格が比較的安価なのが魅力

現在販売されているスマホは5万円以上するものだったり、機種によっては10万円を超えるものもあります。

もちろん高性能な機種はたくさんありますが、ネット検索やLINEなどが主な使用用途なのであれば10万円以上する機種の性能は宝の持ち腐れになってしまうこともあります。

その点UMIDIGIなら10,000円程〜27,000円の価格帯なので、性能による価格差がとても小さいです。

↑UMIDIGI A3SとUMIDIGI F2の価格帯がちょうどそのあたり↑

修理をする場合はどんなとき?

スマホを修理に出すかどうかはその目的によって変わってきます。

その壊れてしまったスマホの電源が入らなかったり、液晶が損傷してしまっている、タッチ操作の反応が無い。

上記の症状があり、更に内部のデータを取り出したい場合。このようなケースは修理に出されたほうが良いです。

修理をせずに新しい端末を購入しても、データの引き継ぎができないためです。

バックアップをとっていれば新しい端末にデータを引き継ぐことはできますが、頻繁にバックアップを取っている方以外は難しいと思います。

新しい機種を買ったほうが良いのはどんなとき?

UMIDIGIスマホが壊れてしまって前項でも触れた「データ」に未練がない、もしくは「バックアップはある」という方は、状態によっては新しく購入したほうが良いこともあります。

水没してしまったり、故障箇所が複数ある場合は新しく購入したほうが良い場合が比較的多いです。

UMIDIGIはAmazonでも販売されているのでチェックしてみてください。

 

当店ではUMIDIGIスマホの修理も受け付けていますので、修理のご依頼は下記フォームに必要事項をご入力ください。

郵送修理受付フォーム

-UMIDIGI情報

Copyright© スマテックラボ , 2020 All Rights Reserved.