ドックコネクター(充電口)

iPhoneの充電が出来なくなってしまった時の修理もお任せ下さい

2020年1月18日

iPhoneはほとんど毎日充電するのではないでしょうか?

多くの方は夜充電して、朝にはバッテリー残量が100%の状態でお出かけすると思います。

しかし、前の日の夜にしっかりと充電したはずなのに朝確認すると充電されていなかったなんてことが起こってしまったら、とても困ります。

iPhone修理記事一覧コチラ

【iPhone修理記事一覧】

充電の不具合は突然やってきます

充電ケーブルを接続した時の反応が鈍かったり、接触不良かな?と思っていたらある日突然充電の反応がなくなってしまった、というパターンもありますが、何の前触れもなく反応がなくなってしまうこともあります。

充電されなくなってしまっては、その時点で残っているバッテリー残量が終わったら電源を入れることが出来なくなってしまいます。

充電が出来なくなってしまうと、仕事や日常生活にも支障をきたします。

試せることは試してみる

充電ができなくなってしまったときは、焦らず試せることを試してみましょう。

コンセントに繋いでみる

外出時のバッテリー切れに備えてモバイルバッテリーを持ち歩いている方も多いと思います。

充電されない原因がモバイルバッテリーにあるかも知れません。

もしモバイルバッテリーを使っていたら、自宅などのコンセントで再度試してみましょう。

純正の充電器を使ってみる

最近は純正ではないアダプターやケーブルがたくさん販売されていますよね。

しかし、純正では無いことが原因で充電ができなくなってしまうこともあるので、もし純正ではない充電器を使っている方は、純正のアダプターと純正のケーブルを使ってみましょう。

それでも充電ができない場合は?

上記の方法を試しても一向に改善が見られない場合は、パーツの故障が考えられます。

充電口にホコリが溜まっていて接触不良を起こしていることもありますが、ホコリを取り除こうと先の尖ったもので突いてしまうと、充電口パーツの端子を傷つけてしまうことがあるのでオススメしません。

当店での充電口修理は最短即日で完了します。

充電が出来なくなってしまったら、次の日以降はほとんど使えない状態になってしまうと思います。

充電に関する不具合やトラブルなどありましたら、お気軽に当店までご連絡下さい。

-ドックコネクター(充電口)

Copyright© iPhone修理/iPad修理は関内駅チカ「スマテックラボ」横浜関内店で即日修理! , 2020 All Rights Reserved.