ドックコネクター(充電口)

iPhoneの充電接触不良が起きてしまったらスマテックラボ横浜関内へ

2020年1月16日

iPhoneに充電ケーブルを挿すと『フォンッ』と音が鳴ると思います!

この音を聞くと充電が始まったんだなぁ~と無意識に感じてしまいます。

この充電反応音に異常が出ることがあるのですが、皆様は経験はありませんか?

フォンッ、フォンッと途切れて音が鳴る

通常はケーブルを挿したとき音は一回しか鳴りませんがドックコネクター(充電口)に不具合があると、

フォンッフォンッと音が途切れてしまうことがあります。

これは音が途切れているだけではなく充電がしっかりと出来ていない症状でもあるんです!

充電口の接触不良を放っておくとそのうち完全に充電ができなくなってしまうかもしれません・・・

充電反応音がおかしくなったらそのままにせずに早めの対処をしましょう!

ドックコネクターの不具合でよくある原因とは

充電ができなくなってしまったり、充電反応が途切れ途切れになってしまうのは原因があるはずです!

ドックコネクター不良でよくある原因を挙げていきたいと思います。

充電ケーブルは別のケーブルを試しましたか?

iPhoneの充電ケーブルはLightningケーブルを使用して充電をします。

Lightningケーブルの中で断線してしまい充電ができなくなってしまうことがあるんです。

別のケーブルを試してみて充電ができるようでしたらiPhoneに問題ない可能性が高いので、まずはこれを試してください!

ドックコネクター内にホコリが詰まっていませんか?

充電ケーブルを挿すとドックコネクター内に入り込んでいたホコリが奥に押し込まれてしまい固まってしまうことが・・・

これが重なってくると塊が大きくなりLightningケーブルを差し込んた時にしっかりと挿さらずに浮いてしまいます。

ケーブルがしっかりと挿さらないと充電できたり、できなかったりするので充電口の中を覗いてみては!?

詰まったホコリはご自身で取り除いてもいいですし、当店にお持ち込みいただければ清掃作業も行っております。

ご自身で清掃する時はドックコネクター内を傷つけないように気をつけてください!

本当に充電ができなくなってしまうかもしれないので・・・

ドックコネクター内の端子が折れていませんか?

iPhoneのドックコネクターの中を見てみると金色の端子が見えます。

この端子が折れていると充電ができなくなってしまいます!

普段充電をするときにケーブルを強く挿してしまったり、圧をかけてしまうことで折れてしまうことが!!

日常的に抜き差しする部分のため消耗して折れてしまうこともありますのでお気を付けください。

充電の接触不良が起きた時に確認してみてください

Lightningケーブルを挿した時に充電が正常にできない時はそのままにせずご相談ください。

当店はiPhoneのドックコネクター修理は修理時間も最短30分からお受付していますよ!

飛び込みでのご来店もOKですのでお気軽にご来店ください。

iPhone修理記事一覧コチラ

【iPhone修理記事一覧】

-ドックコネクター(充電口)

Copyright© iPhone修理/iPad修理は関内駅チカ「スマテックラボ」横浜関内店で即日修理! , 2020 All Rights Reserved.