画面交換修理

【iPhone修理】iPhoneの画面割れ放置は危険?!悪化すると...?

2020年2月27日

iPhoneなどのスマホは自宅ではもちろん、仕事や外出時には必ず持ち歩きますよね。

毎日持ち歩き、頻繁に使うからこそ故障のリスクはどうしても避けられません。

iPhoneの修理で一番多いのが「画面割れ」による修理です。iPhoneの画面はガラスで出来ているので、落とした衝撃で画面が割れてしまうことがあります。

iPhone7 画面割れ 修理

iPhoneの画面が割れた時の症状

スマホの画面には複数のパーツが合わさっているので、同じような画面割れに見えてもその症状は様々です。

画面のパーツは大きく分けて、表面の「ガラス」、タッチ操作を感知する「タッチパネル」、画面表示の「液晶」とわかれます。

画面が割れた時にどの部分が損傷しているのかによって症状は大きく変わります。

ガラス部分のみ割れてしまった場合の症状

iPhoneの一番表面の「ガラス」部分のみ割れてしまった場合の症状としては「画面表示や操作に問題はなく表面のガラスがただ割れている状態」の場合が多いです。

この時の注意点としては、ガラスが割れているため指や耳や頬にケガを負ってしまったり、ガラスの奥の「タッチパネル」部分や「液晶」部分に衝撃が加わりやすい状態なので、症状が悪化する恐れは常にあるという点です。

タッチパネルの破損の場合の症状

iPhoneのガラス部分の一つ奥の部位の「タッチパネル」、これはいろいろな呼ばれ方があります。

このパーツが故障しているかどうかを目視で判断するのは難しいです。

画面が表示されるのであれば、操作ができるかどうか。さらに画面の全体がしっかりと操作ができるかどうか。

それらをまずは確認します。

タッチ操作を感知する部分が損傷してしまっているので、実際に触れた部分とは違う場所が反応してしまい、文字入力やホーム画面でアプリを選択する場面などで文字入力が困難になってしまったり、開きたいアプリとは全く異なったアプリが立ち上がってしまうという症状が出ることがあります。

そして、操作ができることを確認したら「勝手に操作されてしまう症状」がないか、ということを確認します。

この「勝手に操作されてしまう症状」はゴーストタッチと呼ばれることが多いですが、この症状が出るとどんなことが起こるのでしょうか。

LINEなどでメッセージを入力しようとしても、勝手に文字入力されてしまったり、ホーム画面では勝手にアプリが起動してしまったりという症状があります。勝手に電話をかけられてしまうということも考えられるため相手にも迷惑をかけてしまうかも知れません。

更に厄介な場面としては、iPhoneのロック画面です。

多くの方は「TouchID」や「FaceID」でiPhoneのロックを解除していると思いますが、その認証が何度か通らなかったりすると「パスコード」でのロック解除に移行します。

その際に先程の「ゴーストタッチ」が発生すると、何度もパスコードを誤入力することになってしまいます。

そうするとiPhoneにロックが掛かってしまい、一定時間パスコードの入力が出来なくなってしまいます。

パスコードの誤入力(パスコード間違い)は10回間違えてしまうとiPhoneを初期化しなければいけなくなってしまうので、これだけは避けたいですよね。

iPhoneの画面が割れて「ゴーストタッチ」が出るとこの様に初期化のリスクもあるので、例え操作ができる状態だったとしても症状が悪化することを考えると軽視出来ません。

液晶の破損の症状

最後にiPhoneの画面パーツの一番奥の部分「液晶」の破損の場合です。

液晶パーツは画面表示をするためのパーツなので、破損すると画面表示が正常にされなくなってしまいます。

これは画面パーツの「ガラス」「タッチパネル」「液晶」全てに言えることですが、例え液晶が破損していても、それより手前の「ガラス」「タッチパネル」が損傷しているとは限らないということです。

液晶が滲んでしまったりして画面表示が全く見えない状態だったとしても、画面操作の反応はしっかりとあるかも知れません。

すると前項の様に「パスコード」を適当に入力してしまっていることになってしまっているかも知れませんよね。

画面表示が見えないと今がどのような状態か確認するのがとても難しいと思います。

そのため、操作が出来なくなってしまったり、液晶が表示されなくなってしまったら早めに修理店に持っていかれたほうが良いですね。

万が一の初期化に備えて

単に画面割れと言っても初期化のリスクがあるとお伝えしましたが、そんな時に備えて「バックアップ」はこまめにとっていただいと方がいいです。

iPhoneにはたくさんのデータが入っていますよね。

思い出の写真や連絡先、ゲームのデータなどなど。

連絡先についても仕事関係の連絡先などがもし消えてしまったら仕事にも影響が出てしまいます。

バックアップはiPhoneにもともと備わっている機能や外部のアプリなどをうまく使えばiPhoneを新しくしたときや、パソコンやタブレットからもデータにアクセスすることが出来ます。

画面割れは様々なリスクがあるので、画面割れやヒビなどは早めに対処しましょう。

 

↓↓iPhone修理の記事一覧はコチラ↓↓

【iPhone修理記事一覧】

-画面交換修理

Copyright© iPhone修理/iPad修理は関内駅チカ「スマテックラボ」横浜関内店で即日修理! , 2020 All Rights Reserved.