画面交換修理

iPhoneの画面が割れると操作ができなくなってしまうことが。

2020年1月13日

スマホは毎日頻繁に使うと思いますが、ついつい落としてしまうことってありますよね。

お気に入りの機種のお気に入りのケースをつけて大事に使っているのに、落としてしまったがために画面が割れてしまった、、、なんてこともあるかも知れません。

iPhoneを始め、スマホの画面はガラス製のため落下時の衝撃や当たりどころによっては画面が割れてしまいます。

iPhoneの画面はとても繊細なパーツ

iPhoneの画面を割ってしまった方や身近に割ってしまった方がいるという方はかなり多いのではないでしょうか?

実際にiPhoneの故障で圧倒的に多いのが「画面割れ」です。

多いと言ってもやはり自分のスマホの画面が割れてしまうととてもショックですよね。

見た目も美しくないですし、何よりもガラスが割れてしまっているので破片でケガをしてしまう危険性もあります。

iPhoneの画面はとても繊細なため、画面のガラスが割れてしまうと「タッチ操作」に不具合が出ることがあります。

タッチ操作ができなくなってしまった

iPhoneの画面はタッチ操作の反応を感知する部品でもあるため、その画面が割れてしまうことで「タッチ操作」ができなくなってしまうことがあります。

完全に操作ができなくなってしまったり、部分的にできない状態であったり、操作が出来るとき出来ないときがあったりとその症状は様々です。

iPhoneはほぼすべての操作を画面の操作で行うので、たとえ部分的に反応が無いという状態だったとしてもかなり不便な状態になってしまいますよね。

電話をかけたり・受けたり、メッセージのやり取り、動画やゲーム、そのほとんどに操作上で制限がかけられる状態となってしまうので、仕事や日常生活上にも影響が出てしまいます。

iPhoneに触っていないのに勝手に操作されてしまう

画面が割れるとタッチ操作の反応に異常が出ることはご説明しましたが、それ以外の症状もあります。

それは「画面に触ってもいないのに勝手に操作されてしまう状態」です。

これは通称ゴーストタッチと呼ばれます。

ホーム画面上では勝手にアプリを開いてしまったり、文字入力の邪魔をされてしまいます。

こうなってしまっては通常使いができないのでとても不便です。。

最悪初期化?!ゴーストタッチの危険性

画面が割れて勝手に操作されてしまう症状(ゴーストタッチ)ですが、いろいろな症状がある中で特に厄介なのが、パスコードロック時の誤入力です。

どういうことかというと、多くの方はiPhoneにはFaceIDやTouchIDなどでロックを掛けていると思います。

それらのロックは何度か試しても解除されない場合、パスコードでの解除方法に変わります。

もしその時に例のゴーストタッチが発症したらどうなるでしょう。

何度もパスコードの誤入力が続くことになってしまいます。

iPhoneの設定によっては、パスコードを一定回数間違えるとロックが掛かってしまいます。

このロックは時間が経てば解除されますが、それでもなお誤入力が続くと、端末の初期化をしなければならなくなってしまいます。

急なことなので最新のバックアップも残ってないかも知れません。

画面のキズや割れは放置しない

ここまでのように、画面割れには初期化のリスクも潜んでいます。

割れてすぐの時には問題なく操作ができていたのに、時間がたって症状が変わって重症化していくことはよくあります。

もし重症化してしまうと、修理費用もプラスされてしまうかもしれませんし、大切なデータも諦めなければいけなくなってしまうかも知れません。

大したこと無いから、、と放置せずにまずは修理の検討をされてはいかがでしょうか。

iPhone修理記事一覧コチラ

【iPhone修理記事一覧】

-画面交換修理

Copyright© iPhone修理/iPad修理は関内駅チカ「スマテックラボ」横浜関内店で即日修理! , 2020 All Rights Reserved.