バッテリー交換

【内部写真有】iPhone8のバッテリー交換も最短15分から!【横浜・関内】

2020年1月8日

iPhone8は発売後、まもなく2年を迎えます。

発売当初に購入された方はそろそろバッテリーの劣化を感じる頃ではないでしょうか?

スマホのバッテリーは1年半から2年ほどで劣化し始めると言われているので、電池もちが悪くなってきたりしてもおかしくはありません。

当店ではもちろんiPhone8のバッテリー交換も対応しています。

iPhone8バッテリー最大容量

設定画面からバッテリーの劣化状態の目安を確認することができます。

90%前後から電池もちが悪くなったと感じる方が多いように思います。

そして80%前後になるとかなり劣化が進んだ状態なので、常に充電ケーブルをつないでいないと電源が落ちてしまったり、バッテリー残量の減り方が早かったり遅かったりといろいろな症状が出てきます。

 

まずは完全に電源を切ってから、iPhone下部の2本のネジを外します。

iPhoneは特殊なネジが使われているので、専用の工具で作業します。

 

画面が開いたら赤い枠内の4本のネジを外して、バッテリーのコネクタを外します。

コネクタの接点部分はとても繊細なので周辺を傷つけることがないよう慎重に作業します。

 

バッテリーが外れました。

バッテリーは粘着テープで本体と固定されているので、それも慎重に外します。

 

一気に作業完了後になりましたが、設定画面のバッテリー最大容量はしっかりと100%になりました。

バッテリーの劣化を早めてしまう要因としては、長期間の使用はもちろん原因の一つですが、充電しながらの使用も劣化を早める原因になります。寝る前に動画やゲームをしながら充電をしている方もいらっしゃるかと思います。

ゲームをしているとバッテリーの減りが早くなるので充電しながらゲームをしてしまうのはとても気持ちはわかるのですが、バッテリーのことを考えると避けたほうが良いですね。

現在使っているiPhoneの電池もちが良くないなーという方はお気軽に当店へお問い合わせ下さい!

iPhone修理記事一覧コチラ

【iPhone修理記事一覧】

-バッテリー交換

Copyright© iPhone修理/iPad修理は関内駅チカ「スマテックラボ」横浜関内店で即日修理! , 2020 All Rights Reserved.