画面交換修理

【関内駅】iPad miniの画面修理、対応させていただきます!!【横浜駅】

2020年1月22日

iPad miniは他のiPadシーリズよりも小柄なので、持ち歩きにはiPad miniのほうが便利ですね!!

持ち運びに便利ということは出先でのドラブルに遭う可能性も高まります。

外出中にiPad miniを落としてしまい、画面が割れてしまった、という方は少なくありません。

iPad miniの画面修理もお任せ下さい!

iPad対応修理店はiPhoneの修理店よりも少ないので、修理ができなくて壊れたままにしてしまっている方もいらっしゃるそうです。

新しいiPadを買うまででもないけれど、修理で直るのなら使いたい、という方も少なくありません。

iPadを使っている方は、動画や写真、SNSなどを大画面で活用されたり、お仕事の資料を確認したりされていると思います。

スマホだと画面が小さい、パソコンだと大きすぎる。そんなときiPadは大活躍ですよね!

iPad miniの画面はガラス部分と液晶部分が一体になっているモデルと分かれているモデルが存在するのですが、当店ではそのどちらにも対応しています。

どのモデルかわからなくても大丈夫です!モデルの特定からお手伝いさせていただきます。

iPad miniの画面が割れるとどうなるの?

iPad miniの画面が割れるとヒビが入ってしまったり、操作が出来なくなってしまったり、液晶表示に不具合がでることがあります。

ガラスでケガをする危険性も?!

iPad miniの画面はガラスなので、画面が割れるとケガの危険性もあります。

画面が割れても問題なく操作が出来るということがありますが、ガラスが割れていてケガのリスクもあるので当然オススメは出来ません

すぐに修理や買い替えが出来ないこともあると思うので、そんなときには暫定的に保護フィルムを貼っておくとケガのリスクも少なく出来ます。

操作が出来なくなってしまう?!

iPadのガラス面にはタッチ操作の反応を感知するためのセンサーがあります。

ガラスが割れてそのセンサーも損傷してしまうと、タッチ操作に不具合が出てしまいます。

部分的に操作の反応が鈍くなったり、全く反応しなくなってしまったり、範囲や程度は様々です。

なかでも厄介なのがゴーストタッチです。

ゴーストタッチとは、画面触れていない状態でも勝手に操作されてしまう症状です。

これは、上記のセンサーの損傷時の症状で、勝手にアプリが起動してしまったり、文字入力の時に誤入力をしてしまうことがあります。

iPad内に保存されている大切なデータも消されてしまうことも考えられるため、早めに修理されたほうがいいです。

液晶表示に異常が出る?!

iPad miniのガラス面の奥には液晶パーツがありますが、ガラスが割れた衝撃が液晶パーツにまで届いてしまうと、液晶表示に異常が出ることがあります。

液晶表示の異常は、液晶にシミが出てしまったり、が出てしまったり、全く表示されなくなってしまったりと、液晶の症状も様々あります。

液晶が表示されないことには操作が出来ないので、この場合も修理が必要です。

内部では電源が入っていて、液晶だけ表示されない状態のこともあるため、電源が入らなくなった様に見えることもあります。

もし、液晶だけの故障であればパーツ交換で改善される可能性は非常に高いです。

最短即日で修理完了!

当店ではiPad miniの画面修理も最短即日で修理完了します。

随分前に故障したっきりしまったままのiPadなどでも大丈夫です。

iPad miniをお持ちで画面以外にもなにか不具合などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい!

iPad修理修理記事一覧はコチラ

【iPad修理修理記事一覧】

-画面交換修理

Copyright© iPhone修理/iPad修理は関内駅チカ「スマテックラボ」横浜関内店で即日修理! , 2020 All Rights Reserved.